インド観光にお勧めスポットは?治安の心配など

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日アーユルヴェーダの原典を感じる為、インドに行ってきました。個人での旅行は治安など少し不安がありましたので、ディープなインドを体験できるツアーを探しだして参加しました。

今回でインドを訪れるのは2度目になります。1度目は大手のツアーで参加したのですが、メジャーな所は回れるのですが、濃い部分を体験することが難しくかったので、少し心残りがありました。

なので、今回は少し小さめの旅行代理店ではありますが、濃いインドが体験できるツアーを探し出して参加しました。

ビザの発行などは少し手間がかかりましたが、様々な体験をすることが出来ました。アーユルヴェーダがなぜ生まれ、多くの人に必要だったのか?とても刺激的な体験を踏まえて感じることができました。

今回はインドのガンジス川と聖地ベナレス(バラナシ)についてご紹介させて頂きます。まずは、今回のインド旅行で訪れた聖地や世界遺産についてご紹介します。

インド観光でお勧めスポットは?

数千年の歴史を持ち、アーユルヴェーダ発祥の地、ガンジス川やタージ・マハルなど様々な観光名所もあります。

今回の旅では、ブッダが悟りを開いた時のサールナート、マハトマ・ガンジーの慰霊碑、占星術で利用されるマハラジャがつくった古代の天文台「魔法のしかけ」という意味の天文台ジャンタル・マンタルにも訪れることが出来ました。

その中でも最初のインドお勧めスポットは、インドで最初に訪れた場所、聖なるガンジス川が流れる聖地ベナレスとです。まずはガンジス川について簡単にご紹介します。

ガンジス川について

インド北部を東西に横断し、最終的にはベンガル湾に注ぐインド最大の川です。全長2500kmと日本の九州から北海道の先までで3000kmですので非常に長い川です。

ヒマラヤを源流とするガンジス川は、古来からヒンドゥ教徒によって聖なる川とされてきました。この肥沃な川はインド文化の母体として、米、麦、豆、など様々な穀物が育てられてきました。

聖地ベナレス(バラナシ)では、ガンジス川での沐浴が行われています。ガンジス川で沐浴することで、全ての罪が清められるとされており、沐浴は非常に大きな意味を持っております。

しかし、火葬後やそのまま水葬することが多くあり、衛生的とは言えないような、あらゆるものが流されており、私たち日本人が沐浴をすると少し危険がありますので注意が必要です。

 

聖地ベナレス(バラナシ)について

今回は聖地ベナレスに流れるガンジス川を訪れました。この地域ではガンジス川は非常に幅が広い大河になっておりました。ひとことで言えないほど、ディープで強烈な街並み。超刺激的な場所で、アーユルヴェーダの知恵がなぜこの国で生まれ、なぜ多くの人々に必要なのかが分かるような発見の連続でした。

ここには火葬場があり、河原に薪を積み遺体を燃やします。遺体を燃やして灰をガンジス川に流すことで、この世の苦しみから解き放たれ、解脱やさとりを得る事ができると考えられています。

貴重な体験をすることが出来ました。本当にありがとうございます。この聖地べレナスでは早朝の沐浴と夜に行われる火の儀式を体験することができました。また、火葬場の近くまでいくことができ、生と死が本当に身近に存在していることを改めて体感しました。

【インド】聖地ベナレスの治安は?

皆さまご存知の通り、インドの治安は良くありません。特に聖地ベナレスがある北側の地域は、初心者が1人で旅行するには少し勇気が必要です。写真を撮ってくれると近くに来られる方は多いですが、チップを要求されたりすることが多いので、注意が必要です。

また、ガンジス川沿いにある火葬場近くも治安は良くない地域になります。しかし、気を付けていれば大きな問題は起こりませんでした。

今回は8月末に訪れましたが、道は人と車、バイクで溢れており、日本では聞いたことが無いような音の大きさのクラクションが鳴り響いておりました。道路は泥や牛の糞なども多くぬかるみも多く、人だけでなく、足元にも十分注意してください。

 

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

【運営サロン情報】

運命美容 Eternal Fortune (エターナルフォーチュン)・ 運命美容学校
住所 【本店】大阪市中央区南船場4-13-8 エステート心斎橋305
TEL 06-6121-6470【要予約】
営業時間  10:30~20:30 (最終受付19:00)
定休日  不定休
URL http://eternal-fortune.com
アクセス ■地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線 「心斎橋駅」 3番出口より徒歩5分

■地下鉄四つ橋線 「四ツ橋駅」 1A出口より徒歩3分
※ビルは入り口中央の時計台が目印です。
※オートロック式・入口のインターフォンをお使いください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です